安らかに眠れ

TOM様 宅の飼い猫の「るん」が死んでしまったそうです。
画像
野良から拾ってきて15年居たそうですが、人間でいうと76歳ぐらいだそうです。 15年というと猫の平均寿命らしいので、ちゃんと天寿を全うできたんではないかと思います。 野良のままだったら2年生きられればいいそうなので・・・。 ウチの茶トラも7歳なので寿命の半分生きた事になりますが、すぐに寿命が来てしまうんでしょう。 ま、おいらは高速道路を逆送したりなんかしませんが。 「るん」は良い飼い主に恵まれて楽しい人生を送ったと思います、
画像
ねっ!

今年も、残暑ざんしょ

9月に 入って、夏バテしました。 昼と夜の気温の差が大きくなってきたので、身体がだるくて、夏バテってのはちょっと違うかもしれませんが、あんまり食欲がありません、でした。 冷たい飲み物ばっかり飲んでいたので、それが原因なんでしょう。 ちょっと前に、道央自動車道の小樽インターから白老までの約90kmを軽カーで逆走したバカがいましたが、今日たまたまヨメとその話になって、逆走した理由が、 「飼っていた猫が死んだから・・・」 って事に、 「そんな理由で逆走してたらおいらは日本中の高速逆走してるわ!」 って言うと、 「・・・うちも茶トラが死んだら逆走するかも・・・」 ってヨメに言われました。
画像
そんなのは自分の車でやってくれな!。
【smtb-TK】残暑ざんしょ!っでまだまだ夏物大活躍!!夏物詰め込み福袋【7点アソート】
ベビー&子供服 Littleポピンズ
◆残暑ざんしょ!っでまだまだ夏物大活躍!!◆数量限定:夏物詰め込み福袋!!・アソート内容は、夏物中心

楽天市場 by 【smtb-TK】残暑ざんしょ!っでまだまだ夏物大活躍!!夏物詰め込み福袋【7点アソート】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

案外頭いいかも?

うちの 茶トラ、最近行動が生意気になってきました。 居間に下りて来られるようになってしばらく経ちますが、 段々と態度がでかくなってきているので、意地悪なおいらは時々最終兵器を使います。 それは爪研ぎに付いていたマタタビパウダー。 仕舞ってある引き出しから取り出すともう茶トラの目が釘付けで、 そういう事は覚えてるんだ!?。 いつもは爪研ぎに振り掛けるんですが、今回はちょっと意地悪で茶トラの首の付け根に振りかけてやりました。 匂いはすれども何処かわからないようで、しばらくキョロキョロしていましたが、 思わぬ行動に・・・・・。 カーペットの上で身体を擦り付けていると思ったら、その後カーペットをペロペロ(正確にはザリザリ)、 なんと、身体に付いたマタタビをカーペットに擦り付けて舐めているのでした。 なんとも頭の良い、っていうか、そこまでするほどいいモンなの? ちっちゃい脳ミソでちゃんと考えてるんだなぁ、 と思ったのでした。

仕舞いなさい

今日は 夕方から雨が降って来て、風も強く、今週いっぱいは雨が降る予報になっています。 スタンプラリーの続きが出来ません。 まぁ、今は右手に穴が開いているのでどっちみち行けませんが。 お盆をすぎてすっかり朝晩の気温も低くなりました。 短い夏でしたねぇ。 このままじゃ野菜の収穫量も低くなりそうですね。 なんて書いている横で茶トラが・・・・・、
画像
ベロが出てるってば!

けっこう毛だらけ、ペットの毛だらけ

いよいよ 卵の孵化予定日が明後日に迫りました。 昨日で自動転卵が終わりました。 4日の日に検卵をしたところ、烏骨鶏の卵は一個だけがちゃんと育っていて、 残りの3個は残念ながら廃棄されました。 天鶏卵は2個は育っているようですが、あとはブラマが嫌がったために検卵しませんでした。 今、孵卵器には烏骨鶏1個と天鶏卵2個。 これは孵化すると思いますが、明後日までまってみなければわかりません。 ブラマには3個の天鶏卵を抱かせてありますが、いつの間にか2個になっていたので、 一つはダメだったのでしょう。 雌鶏はなぜか育っていない卵がわかるらしく、自分で食べてしまう事があります。 虎の換毛が凄いです。 毛皮をわしっとつかむとごそっと抜けてきます。 体中にブラシをかけてやると、
画像
こんなに集まりました。 セーターが出来そうです。 おとなしくさせないので押さえるのですが、それだけで服が毛だらけになります。 さらに、抜けた毛を食べようとするんですけど・・・・・? そういうもんなんでしょうかねぇ? 単にいやしいだけだと思いますが・・・・・(汗)。 今一番困っているのは、 日に日に暖かくなってきているので窓を開ける日が多くなっていて、 窓を開けると虎が人の気配を感じるらしいのです。 それからず~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~と鳴き続ける事です。 「くうんくうん、あうあう、おうおう、あわあわ」とず~っと鳴き続けます。 治まったかな?と思ってもおいらの声なんかが聞こえるとすぐに鳴き始めます。 やっぱり、性格にかなり難があるとしか思えませんねぇ。 あんぽんたんを越えているかも。 換毛は茶トラもなっていて、普段はわからないんですが、 部屋の掃除をするとビッチシ毛が取れます。 さらに茶トラはブラッシングされるのが・・・・・イヤ。 無理やりやろうとしても爪を出してくるだけに犬より始末が悪い。 エサを食べている時だけは逃げないので、そのスキにやってみると、 ごっそり毛が取れます。 ゴミを撒き散らしながら歩いているわけですが、 今時期はいつもより多く毛を食べてしまうんでしょうが 廊下にゲ○吐くのだけはやめてほしいなぁ。
画像
掃除するのは飼い主であるヨメなのでまぁいいですが、 ・・・・・踏むじゃないか。

勝手だねぇ

ヨメが 晩にちょっと出かけたので茶トラと2人っきりになりました。 最近はヨメが居なくても居間でくつろぐようになった茶トラだが、 慣れすぎるのも考えもので、 パソコンしている横でにゃぁにゃぁうるさい。 なので、何かと思えば・・・何だろう? にゃぁにゃぁだけじゃわからんて! 茶トラはヒゲがくるんてなってると遊んで欲しいらしいので、 片手で猫じゃらしをフリフリしてやると食いついてきた。 しかし、バカだからすぐ飽きる。 おいらもパソコンが出来ない。 今度は棒っこに紐が付いたのをふりふりしてやると、 飛びついてきた。
画像
こいつぁこれがお気に入りなのである。
画像
なぜか、大好きである。 パソコンの画面を見ながらでもできるのでおいらは楽、 先っちょの羽めがけて飛びまくっている。 しかし、遊びすぎて紐が絡まるのがやっかいだ。 やれやれ、と紐を解いていると、
画像
真下で目をキラキラさせている。 「待てってば!」と言うか言わんうちに、
画像
はしっ! これを繰り返してました。 鼻の穴おっぴろげて、鼻の下?まん丸にして、 我を忘れてましたねぇ~。 遊び終わってもおいらの椅子の下でくつろいでいた。 しばらくしてヨメが帰って来たんだけど、 途端に態度が変わりましてねぇ、 いきなり、シャーですわ、 ???何なのこいつは? 気まぐれにも程ないかい?

だだだだ、ばりばり

最近の北海道は 最高気温がプラスになる事が多く、 これも温暖化のせい?なのか。 なので、そういう日は部屋の中は10℃以下になる事はなく、 ストーブを点ける事無く、コタツでしのぐ事が出来る。 北海道人の冬の10℃って暖かいって言うのよ。 おいらだけ? 最近、虎を放している近所の畑も、 (え、この前にもう放さないって言ったって?) そ~だった~か~なぁ~?~? 積っている雪がやわくなってずぼずぼ歩きづらい。 お陰で必要以上に体力を使いますわ。
画像
足の短い虎もヘタリが早いです。 それでも日に日に大きくなっているので、 首輪を大きいのに取り替えましたよ。 うちにはもう一匹、元野良猫の茶トラがいる。 んが、幼い時の悪さにガッツリしつけした為に、 専業主婦であるヨメに逃げてしまい、 おいらと敵対関係にあった。 顔を見るとシャー。 今迄は二階のヨメの書斎に閉じ込めていたが、 最近ヨメが無理やり居間に連れて来る様になって、 おいらが虎の餌を作るついでに猫に餌をやっていたら、 なんとその内に慣れてしまった。 自分に害が無いと分かったのか?餌をくれるからなのか? ヨメがいない時でも居間で楽しく遊んでおります。
画像
画像
でも、だっこはイヤ~、らしい。 どっかで警戒してるんだよなぁ~、 ちょっとガサッと音がすると、 ビョ~~ンって飛び上がるし。 しばらくかまわんでいると、 部屋の中をだだーっと走って、 カーペットの上でばりばり爪を研いで怒られて、 また、だーっと走っての繰り返しをやっとります。 トラネコとおいらが最近仲が良いので、 ヨメは面白くないようだよ。

初めて見た・・・

テレビを 見ていて、ふっ・・・と横を見ると、 あ、横には鶉がいるんだけど、 何か立ったまま身体を硬直させて動かない・・・。 そのままじ~っと見ているとお尻から、 コロン・・・・ 卵を産んだ。 おおっ、初めて見た。 鶏のでさえ見たこと無いのに・・・。 卵を産んでしばらく動けないのは鶏と同じみたいで、 同じ格好で、 「はぁ~」  てな顔をしていた。 なんか、感動した。 横ではお笑い番組を見ていたヨメが猫に向かって、 「ジャック・バウアーだ!!」 って言うと、 「ああ~ん?」 と言われていた。 ウケた。 「今日の  虎太郎」 とーちゃんのお古の靴下攻撃ぃ~。

所詮、畜生なのですよ?

ヨメが 今日に限って、 「あれして、あれ取って」っていう。 なぜか? 膝の上でネコが寝ているからだと!! ざけんなよ~!! ナニそこら辺の○○や××のやつらみたいな事やってるん・・・にゃ~。

にぼしがとまらない

虎太郎の 散歩コースにある農家の人と話をする機会があった。 そこも犬を飼っているのだが、 その子も北海道犬(以降は道犬)だと言う。 いつもは通り過ぎるだけで気にも留めなかったが、 良く見ると赤毛の道犬だ。7歳になるらしい。 色々、餌の事とか成長の事とか話していると、 こんなの(虎)でも大丈夫なのか?と気が楽になる。 まぁ、この方も農家なのであまり近所を気にする必要はなく、 うちとは環境が違うのだが。 それでも同じ犬種を飼っている人と話が出来るのはいい。 道犬が身近に居ない人はあんまりピンと来てないみたいだし。 道犬は白、みたいのがTV効果であるのかな? 犬は「それぞれ性格が違うから・・・」と言っていたが、 育て方はそれぞれって事か? うちのはソコんとこどうなの? 居間でにぼし(ほんとは用に買った)を食べていると、 視線が・・・・・。 猫が座椅子の横から顔半分だけ出してこっちを見ている。 じぃぃぃぃぃぃぃぃ~。 にぼしを持って「おいで~」って言ってもとーちゃんが怖いので、 じぃぃぃぃぃぃぃ~。 こない。 挙句はヨメに「にゃ~ん、にゃあ~ん」(にぼしとって~) おねだりして食べる事が出来たのだが、 よほど欲しかったのか「がりがり」、 聞いていて気持ちがいいくらいにがっついていた。 好きなものと嫌いな人、 顔には出さないけどかなり葛藤してたんだろうねぇ。

親バカ?

ヨメが 飼い猫に話しかけている。 なに?水?ご飯? すると猫が「にゃお~ん」 「ごはん?ごはんて言ったわ」 「・・・・・・・・え? いま、にゃお~んて聞こえましたが?」 するともう一度 「ごはん?」嫁が猫に聞くと、 「にゃおあぁん」 「ほら!ごはんって言った」 「・・・・・・いや、にゃおぁ~んって言いましたよ」 ヨメは猫に対しては「親バカ」なので、よく幻聴が聞こえるらしい。 世間にはこんな親が多いようだ。 猫は言葉を喋りはしないのだ!、ぜったい。 でも何故か会話?が成り立っているのは不思議ちゃん。