お通しはいらない

今日 ラジオの会話の中で「お通し1000円」というのを聞いて、たっけぇなぁ~と思いながら常づね思っていた事があります。 普通は居酒屋なんかに行くと、当然ビールなどの酒類を頼みますよね。 店員も「お先に飲み物を伺います」って言いますが、まず、酒を注文するので当然最初に酒が来ます。 でも、酒と一緒に「お通し」が来ますよね。 注文もしていないのに当然のように持ってきます。 若い頃は、注文していないのに持ってくるのでサービスかと思いきや、しっかり代金に入っていたりして、しかも300円とか取ります。 メニューには「酒類を頼むと必ずお通しがついてきます!」と書いてある居酒屋もあるくらい。 もう、有無を言わせません。 でもねぇ、お通しって正直いらないんですけどねぇ。 本来、お通しって料理が来るまでの時間を持たせるためって事でしょう?わかるんですけど、 こっちからすれば、「じゃぁ、料理と一緒に酒を持ってこいや」って思うんですわ。 最初に酒と一緒につまみを頼もうとすると、「先に飲み物からお願いしますっ!」って断られた所もありますよ。 「お通しいりますかぁ~?」って聞いてくれればいいんですが、これって断っていいモンなんでしょうかねぇ? お通しったって大して食いたいモンが来るわけでもないし、すっごい無駄! その分食べたい他の料理を頼んだ方がいいです。 幸い贔屓にしている焼き鳥屋にはお通しは無いので問題ないんですが、たまぁ~に北海道発祥の居酒屋チェーン店などに行くと仕方無ぁ~くつまみます。 でも、その分腹八文目で帰って来ますけど、 なぁ~んか損した気分。
レモンを、ぎゅっと!絞って食べる。居酒屋のたこの唐揚げ!居酒屋のたこの唐揚げが!ご家庭で簡単に食べれる!(400g)【3品以上で送料無料】
あおもり魚菜問屋 木村商店
こちらの商品は! の対象商品で〜す 他にもいっぱいあります こちらよりお選び下さい! くわしくはこち

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

とりあえず、飲む

今日は たのすぃい ひなまつり~♪ といっても、ウチには女の子、が!いないので何にもしませんが、世間様に便乗してとりあえず酒を飲みます。
画像
当然、雛人形があるはずもないのですが、まぁ、雰囲気だけでも。 これは何日か前に遊びに行ったお友達の家にあった物で、 「出すのめんどくさいんだけどさぁ、年に一回くらい出さないとカビるんだよねぇ~」(笑) と、言っていました。 酒といえば、今回またトライアルで見つけたんですが、例の79円発泡酒、
画像
なんと糖質50パーセントオフときたもんだ。 これは買わずに帰れません、試しに一本買ってみました。 帰って来てぐいっと一口、 「く~、うん、マズイ」(笑) 同じ値段ならノーマルの方がいいです。 更に一度買ってみたかった韓国の酒、
画像
マッコリ。 これは米マッコリ(リキュール)って書いてあって、原材料に米、果糖、イースト、クエン酸、等など、なんか色々入っているんですが、こういう物なんでしょうかねぇ? 飲んでみると、濁り酒で、甘くない甘酒のようです。 値段が400円しなかったので俗に言う(言わないけど)「桃娘」(夏子の酒参照)の部類なんでしょうかねぇ。 なんでしょう、アルコール度数6パーセントあるのに、いくら飲んでも酔いません。 こりゃちょっと苦手な部類かもしれませんねぇ(汗)。

まぁ、いいんじゃないんですかねぇ

昨日の 遠赤外線グリルを使って焼肉をしてみました。
画像
用意した肉は、ホルモンとカルビ、ラムスライスのほか野菜と朴葉にのせた牡蠣。 しかし、これ、他の焼き台のように「ジュ~」という音を耳で味わうことがほとんど出来ません。 ある程度余熱をかけておかないと肉が焼けるのが全く遅いです。 お腹が激空きの時は我慢できないかもしれません。 時間が経ってくると普通に焼けてきますけどね。 心配していた煙もほとんど出ませんが、匂いが出るのは仕方ないですね。 二時間ほど焼肉を楽しんでいましたが、気が付くと天井付近が煙っていました。 それでもホットプレートよりはマシなので、とりあえずヨシとしますか。 話が変わりますが、 焼肉の肉を買いに行った時にある物が目に飛び込んできました。
画像
ポップには「第三のビール」と書いてあったので正に発泡酒なのですが、値段を見てびっくり!350mlで「79円」。 なんですと!? 79円の発泡酒?思わず手にとってみるとリキュールと書いてあるので間違いなく酒の類。 メーカーは?と見ると、原産国・韓国 って書いてありました。 韓国って事で全て納得が行きましたが、韓国の何て会社なんだろう? 輸入者及び取引先として日本?の会社名が書いてありますが、そこが韓国の業者に作らせているんでしょうかねぇ。 ラベルが日本語で書いてあるので、日本向けの商品であることは間違いないんでしょうが。 問題の味ですが、値段と比較するならば中々いいんではないかと、手っ取り早く酔うのにはいいと思いますね。 あくまでも79円なら許せるってトコです。 でも、あまり量を飲むと悪酔いしそう。

キリンフリー

以前、 アサヒビールのポイントゼロというビール風味炭酸飲料の事を書きましたが、 今回はキリンビールの「KIRIN FREE」を買って来ました。
画像
値段的にはポイントゼロは一番安く、キリンフリーは一番高いもの。 といっても10円ぐらいの差です(近所のスーパー調べ)。 飲んだ感想は、あくまでもポイントゼロとの比較になりますが、 ポイントゼロよりは、甘くない、麦汁臭さが少ない、てな具合です。 ちょっと高いだけあるのかな? でも、絶対言えるのは、 「ビールの代わりには絶対ならない!」って事ですね。 そもそも、麦汁の糖分を酵母が分解してアルコールが出来るので(・・・たぶん)、 麦汁にホップを足しても甘いジュースにしかならないでしょう? 全然苦くないしね。 つまり、美味しくない  (((><)))。 って事で、もうこの類の物は買わないでしょう、 前にも書いたけど、これじゃぁコーラ飲んでる方がいいモンねぇ。 他の人達はそこまでしてビール風味を味わいたいのでしょうかねぇ。 もうちょっとメーカーさんは考えたほうがいいんじゃないかと・・・・・。 大体、飲酒運転するようなヤツラはこういう物が出来ても、 酒を飲むのを我慢するなんて事をする訳ないんですからね。

ポイントゼロ

今 ビール会社でもノンアルコールビールを販売していますが、 それはどんなものか?と一つ買ってみました。 スーパーには3種類あって一番安いのを買ってきました。 アサヒビールの「ポイントゼロ」、350mlで135円でしたが、
画像
缶にはビールテイスト清涼飲料と書いてあるので、ノンアルコールビールというのは間違いみたいですね。 ビールの代わりと言うのもあんまり期待できそうもありません。 プルタブをおこしてニオイをかいで見ると・・・、 これはあくまでもおいらの個人的な感想ですが、 まるで夏の牧草を食べている乳牛のションベンのような臭いがしました。 一口飲んでみると・・・甘い。 ビール工場やウイスキー工場を見学したりするとほんわか麦芽の匂いがしますが、 イメージとしてはそんな感じの味がします。 はっきり言ってビールの味ではないですね、当然代わりにはなりません。 気の抜けたビールには似ていますが、それを美味しいと飲む人はいないわけで・・・・・まぁ、そんな感じですかね。 他のメーカーのも飲んでみないとわかりませんが、 値段と味を比較すると、ちょっと高いんじゃないかと思いますねぇ。 まさに、ポイントゼロ。

秋だねぇ

いつもは 安酒を飲んでおりますが、 この時期はワインを飲む事が多いです。 今年もその時期がやってきました。 小樽にある北海道ワイン(株)が毎年出している 「おたる初しぼり」
画像
というワインがお気に入りです。 酒は元来辛口志向のおいらですが、 この初しぼりだけは甘口でありながら飲んだ後の鼻に抜ける葡萄の香りがよく、 アルコール分8.5%としっかり酔えるところが気に入っています。 あまりに口当たりが良くて飲みすぎるのが欠点ですかね(笑)。 味としては三種類あるんですが、このポートランドが一番美味しいです。 というか、他のは美味しくありません。 値段は720mlで980円と決して安くないですが、(まぁ、高くもないですが・・・) 4リッタータイプなんて物を一度頂いた事があって、その時は浴びるほど飲みましたねぇ。 今日は古本屋で買ってきた本を肴に一杯やりました、
画像
ああ、もう秋なんだなぁ・・・。

飲んでみましたが・・・・・

ここんとこ なんだか雨ばっかり降っていますが、どうしたんでしょうね? 気温は高いのに窓も開けられなくてムシムシします。 買い物のついでに古本屋に行ってきたのですが、 そこで始めて見てしまいました、 「ヲタク」。 店の中で3人が輪になってなにやら話をしていたんですが、 その中の一人が顔に似合わない真ん中分けのロン毛で、 リュックを背負って、白いTシャツに「 百 式 」の文字。 よくメディアに出てくるヲタクそのままでした。 ほんとにそんなヤツがいたとは!! なんか変に感心してしまいましたよ。 と言いながら、おいらもその気(け)はありますが、 あそこまで真面目にヲタクはやれませんねぇ(笑)。 最近、100円発泡酒なるものが発売されましたが、第五のビールでしたっけ? 話のついでに買ってみました。
画像
100円なのは350mlで、500mlは145円でした。 500mlの方を買いましたが、他のメーカーよりは15円安いですね。 飲んでみます、 「マズイ!!」でしょぉ。 元々発泡酒は好きじゃないんですが、これって、飲む価値あるの? ここまでしてビール風味を味わいたいのかぁ~ ?(@д@)? う~ん、まぁ酔えればいいのかぁ、でも、キツイわぁ。 このイ○ンのトッ○バリュー商品ってのは安いといっても何十円位で(元値によりますが)、 その割にはマズすぎると思いません? 一度4リットルの焼酎を買ってみたんですが、臭くて飲めませんでしたよ。 他の商品もそう、だから、それ以降は買った事がありません。 今回はたまたま系列のスーパーだったので買ってみましたが、 安いだけではもう買わないですねぇ。 つまみの惣菜も一緒に買ったのですが、これもまた美味しくないですもんねぇ。 なんかひとつ足りないというか、惣菜はけっして安いわけではないですし。 大手なのに安かろう悪かろうっていうのはどうでしょうね、 コスト削減が味に出ちゃダメでしょう (笑)。

庶民は安酒に酔う vol 6

今回は メジャーどころ宝酒造の松竹梅「天」、 詳しい説明が要らないくらいメジャーな酒でしょう。 以前何度も買った事があるんですが、 2リットルのもの。 でも今回はなんと!4リットル。
画像
1、870円也。 まぁ、安酒は安酒なので色んな物入ってますが、 その割りに飲みやすく、クセの無い、 ビールで言えばドライな感じ?。 濾過技術のたまものでしょうか?ね。 しかし、味はともかくとして、こういう酒、 つまり、酔えりゃぁいい酒はやっぱり大手は作るのが上手いという事でしょうかね。 そのために美味しい酒を造れる酒蔵が無くならない事を祈ります。 たま~~にはいい酒を買うんでね。

庶民は安酒に酔う vol 5

今回は 創業より110年 受け継がれた伝統の技 特選 杜氏厳選の純米酒 -白鳥の里 新潟県水源- 株式会社 越の日本桜酒造 特撰 越乃日本桜 純米酒
画像
しかも、限定品の文字?なのに1380円也。 精米歩合70%で当然ながら米と米こうじ(何故か平仮名)しか使っていない・・・ようだ。 一口飲むと・・・悪くは無いねぇ。 キレが無いかな?でも、「特撰」かどうかはわからんが、 普通にいける。 で、今回もツマミはこれ、
画像
ど~~ん。 またまた甘エビとボタンエビ~、 じつはこれ、晩御飯用を少しばかり失敬した物で、 ボタンエビはまだ生きていた。 そのプリップリの身を・・・・かぁ~うみゃぁい!! 酒の計が行くわぁ~。 今日はいい天気で、
画像
あんぽんたんも静かでいいわ。

庶民は安酒に酔う vol 4

昨日の 暖かさで道端の雪も一気に融けて、 道路にゴミが目立つようになってきましたね。 いつもより丁寧な書き方になってますが、 そうです、もう酔っ払いです。 じゃぁ、いってみよう!! 今回は「蔵元直送・新潟壱番」980円也。
画像
新潟の加藤酒造(株)製造で、 ラベルに「雪国水澄、清らかな雪解け水で仕込んだ酒」のコピーが。 フタを開けるとフタがプラチックで出来ている、 安酒の基本だねぇ。 一口飲むと・・・・、 ん~~~~~~、 ぷはぁ!、何か好きじゃない。 この、新潟の酒独特というか、 おいらの好きじゃない味? 水なのかなぁ・・・?っていうか、 おいらは純米酒が好きなので、 変な味が付いているのは個人的に好きじゃないだけなのね。 安酒にそんなの求めるな!って話なんだけど、 それ言っちゃネタになんないって。 まぁ、今日は酒よりもつまみの方が大事で、 白石区にある港町市場で買って来た 甘エビ!
画像
あ~んど ボタンエビ! (写真なし) 甘エビは活エビだったので身が、 プリップリ。 今日は100g200円でスーパーよりはちと高いが、 このプリプリにはかえられない。 酒の肴には活えびがいいが、 ご飯のオカズには一日ほど経ったほうが甘くて美味しい。 肴がいいので酒がすすんで、 もう酒の味は気になんなくなったが、 前回よりはマシな酒のようだ。 Vol 3 に登場した酒は、 残念ながらギブアップ。 料理用の酒になりました。

庶民は安酒に酔う vol 3

今回は 新潟にある加茂錦酒造(株)の しぼりたてそのまま 無濾過 越後蔵元直送 桶 出 (おけだし)
画像
という酒で、1480円也。 品質保持のために米袋(遮光パック)に入って売っていて、
画像
袋には色々うんちくが書かれているので、かなりこだわって造っているのかと思いきや、 その割には店内の棚に常温で置かれているという、 何だかよく判らない扱いがされている。 コップに注いでみると少し色がついていて、 匂いは少し強い。 一口含んでみると、 ふぁ~っと、なんともいえない味がひろがる。 正直、好きではない味。 樽酒の凄く薄いような味? ギャートルズのオヤジのように飲んだ後に、 「ぷはぁー」ってしそうになる。 しぼったまんまが美味いのかは別として、 ちょっとクドイかなぁ? スキッと切れない味。 でも、芋焼酎とかが好きな人にはいいかもしれない。 飲んだ後のおいらの呼気を嗅いだヨメに言わすと、 「アル中オヤジの臭い」 だそうだ。  でも、あくまでもこれは素人の個人的な感想なので、 なんの参考にもならない事をちゃんと書いておきますね。 クセのある酒は好き嫌いが分かれるところが大きいが、 おいらはこれを飲まなきゃならないと思うと・・・、 気が重い。 

庶民は安酒に酔う vol2

昨日 寝なおしてから起きたのが昼。 それから買い物に行って来て買って来ました。 今回は埼玉県の小山本家酒造の 「純米 黒菱」1,080円也。
画像
いつも料理用に買っている3リッターで980円の「おおきな おもいやり」を造っているメーカーである。 瓶の首には「本格派天然水仕込」の札がかかっていて、 純米酒というので買った訳。 でも、いざ飲んでみると何だかスッキリしない。 正直、「おもいやり」とどこが違う?って感じ。 「おもいやり」は酸味料の味が強く後味が悪い。 だから料理用として使ってるんだが、 黒菱は酸味料の味がしないだけで同じ味がする。 ハズレ(おいらの個人的な感想)だったかなぁ。 所詮、安酒なのだが、安くても旨い(あくまでも個人の好み)のはあるのだ。 確かに売り文句通りの酒なのだろうが、 何でこんな味になるのかなぁ? と、よくラベルを見ると、 精米歩合 82% と書いてある。 はちじゅうに ぱーせんと? 初めて聞きましたよ、 清酒でこんな精米歩合。 ほとんど精米してないって言っていいじゃん。 だからだ! そういえば紙パックの酒には精米歩合なんて書いていないわ。 てぇことは? 紙パックの酒もそんな歩合なの? だから安いのかぁ~?ナットク。 まぁ、合成酒よりはいいかな。

庶民は安酒に酔う

午前中は 天気が良く、 朝の散歩は気持ちいい位晴れていた。
画像
途中たまに合うおじいちゃん犬に会った。 虎のかまって攻撃に最初は大人の対応をしていてくれたが、 虎が余りにしつこいのでとうとう怒ってしまい、 上からのガウガウ攻撃に泣きを入れた虎。 飼い主さんがおじいちゃん犬の頭を叩いて止めさせようとしてくれたが、 いやいや、悪いのは虎の方ですので、 おじいちゃん可哀相です。 ごめんなさい、これから気を付けますんで。 このあんぽんたんが! 昼からは空が曇ってきて雪が降ってきた。 こういう時はコタツで安酒をかっ食らうのが一番。 昨日スーパーで買ってきた、
画像
こんなの。 秋田の酒で名前が味自慢。 なのに880円と廉価である。 味自慢なのに・・・・・。 他に色々あったんだけどこれに決めた理由は、 オマケにタオルが付いていた、ただそれだけ。 正直、どんな原料を使ってるか分からんが、 死にゃぁせんだろう。 事故米なら困るが?。 安酒の割には飲みやすい甘口の酒で、 酸味料のキツイ辛口安酒よりはよかった。 安いったって限度あるからねぇ。 昨日貰った牡蠣をつまみに一杯やろ~っと。